男性の苦痛、早漏の原因を探究

早漏(そうろう)とは、性交の際にパートナーが性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことです。実は 男性の80%は早漏であるということが発表されていますが、ほとんどの男性は自分が早漏だとは恥ずかしいのでいいたがりません。早漏はパートナーとの関係への悪影響と関連する可能性があります。また、性的パートナーが満足せず、苦痛を感じる要因となることもあります。そもそも射精までの時間は個人差があり、また早漏の原因も様々があります。本ページは早漏の原因について紹介します

老人性早漏

年齢とともに男性ホルモンの分泌が弱くなり、勃起力の低下とともに早漏になってしまうのが老人性早漏です。

過敏性早漏

名前の通りペニスが刺激に対して敏感で、すぐ気持ち良くなって射精してしまう早漏のことです。実際に個人の気持ちや性の感覚がそんなに興奮していなくても、性器やその周りの皮膚が非常に敏感になるため、射精に至ってしまいます。スポーツマンや若年者に多く報告されています。

心因性早漏

脳内で妄想が進みすぎて興奮しすぎてしまうタイプです。小さい頃からちょっとした妄想でスグに勃起しまくっていたサプリマンはこのタイプでもあります。圧倒的に性的興奮がしやすいので、感度が高まりやすくてイキやすいです。