あなたはどのタイプ?

セックスは男性に対して大切なものです。早漏の問題をあったら、大きい悩みとなります。それで、セックスを避けたり、嫌になってしまう原因になる可能性もあります。早漏の原因・種類は個人差によって異なります。早漏のタイプとしては、身体的な要因がいたす過敏性早漏、過去のトラウマやセックスへの思いが原因での心因性早漏、及び体力の衰えが原因となる衰弱性早漏が共に三つあります。今回は早漏のタイプを紹介します。あなたはどのタイプですかをチェックしましょう。

1.過敏性早漏

過敏性早漏は、ペニスやその周りの皮膚に少し刺激を受けただけですぐに射精してしまう状態のことを言われます。早漏問題がない人は性的な刺激が脳に伝わってから体が射精の準備をし始めます。しかし、過敏性早漏の人は、脳の興奮状態が充分でなくても、自分の意思に反して射精してしまうのです。よく運動する人や若い人に多く発症することと言われております。精神・身体の問題で発症するのではなく、若すぎ、精力旺盛で出る現象です。または、オナニー過ぎると、刺激に敏感になると、すぐに射精をしてしまうことも早漏になる原因と言います。過敏性早漏番の治療法は経験を積み重ねて刺激に慣れ、そしてセックスに自信を持ち、余裕が出るようになることも必要です。

2.心因性早漏

心因性早漏とは、セックスへの自信のなさや不安などの精神状態が原因で、性的な場面やセックスに関する想像をするだけで、外的刺激が無くても、ペニスが勃起してしまう状態になるということです。また、過去の性体験のトラウマで、そうろうになる場合もあります。精神の状態に左右されますので、ある日突然なってしまう可能性もあります。つまり、不安がストレスとなり、交感神経を活発化させ、興奮状態になりやすくなり、勃起、射精しやすくなります。日本で、セックスに慣れないで不安や恐怖に襲われやすい10~20代の男性に多いとされています。また、ストレスで多く受けた中高年の男性に多いとされています。ちょっと肌が触れ合っただけでも心拍音や体温が上がってしまいます。心因性早漏の場合は焦らなく、ストレスを発散するのは大切です。性行為にトラウマがある方はできるだけ医者に相談してください。

3.衰弱性早漏

衰弱性早漏とは、年を重ねると射精をコントロールする筋力が衰えてしまうため引き起こされる早漏の状態を言います男性は年を重ねると男性ホルモンが減少していき、それにより射精をコントロールする筋肉の筋力が弱まり、射精しやすい状態をつくってしまうのです。衰弱性早漏のなる主な原因は加齢なので、40、50代くらいの中年以降の男性に多く現れる状態を言われています。衰弱性早漏の場合はペニス周辺の筋肉を鍛えることが大切です。インタネットで多くのPC筋トレーニング方法を掲載していますから、調べてください。

早漏は過敏性早漏・心因性早漏・衰弱性早漏が三つあります。あなたの状態をチェックして、自分に合う改善方法を探してください。